男性ホルモンの補充で元気が出ました

疲れがとれず性機能の衰えも感じ男性ホルモンの補充を決意

疲れがとれず性機能の衰えも感じ男性ホルモンの補充を決意クリニックで定期的に注射を打ってもらうため通院開始性機能や体調が改善されるので病院に行って良かった

年齢を重ねるとともに疲れがとれない日が続き、性機能にも衰えを感じてきていたので、男性ホルモンの補充を行うことに決めました。
勃起しづらくなってきた、身体も心も元気がなくなってきたときには男性ホルモンを増加させることが良いと聞いていたので、クリニックでお願いすることに決めたのです。
医師に相談したところ、男性の更年期障害による症状が出ているのだろうと言われました。
恥ずかしながら、更年期障害は女性だけがなるものだという認識だったので、男性の更年期障害と言われたときには驚きましたが、説明を受けるとなるほどなと思う部分がたくさんありました。
該当する症状が多かったので、確かに更年期障害なのだろうと受け入れ、男性ホルモンの補充を行ってもらったのです。

男性ホルモンは定期的に注射によって注入しなければならなかったので、3週間に1回ほど通院して注射を打ってもらうようにしました。
正直なところ、1回目や2回目の注射では全く効果を感じることができなかったのですが、3回目くらいから効いてきたかもしれないと思うようになり、4回目を注射してもらった次の週あたりに、性器がいつもより元気であることに気づいたのです。
寝ている最中に股間に手をあてていたようなのですが、その刺激によってしっかりと勃起していました。